効くお茶は飲むタイミングが大事だと思った

普段あまり便秘をしない私ですが、風邪薬や咳止めの薬などを服用すると便秘になります。前回は3か月前のことでした。風邪気味の状態が続いていて体調が悪く、3日ほど風邪薬を服用しながら仕事をしていました。薬を飲み始めた翌日からお通じがなくなり、そのまま2日が過ぎ、さすがにお腹が張り出しので、便秘に効くお茶を飲まなければと思いました。
頑固な便秘に悩まされている方には申し訳ない話ですが、私は普段お通じがあるだけに1日でも出ないと気になるし、ましてや3日間出ないという状態は大変なのです。だから、必要以上に大騒ぎして、一刻も早くこの溜まっているものを排出しなければという思いにかられます。
トイレに行っても出る気配すらなく焦っています。私は飲もうとしているお茶は自分にはとてもよく効きます。というか、効きすぎます。出口の固まりが出ると後ははっきり言って下痢状態。たぶん腸の中に残留物がなくなるまで出てくるので、翌日にも少し影響します。

効くのはわかっているけれど、仕事や家事ができなくなるので、できれば避けたいと思っていました。
それでももう限界、お腹も苦しくなってきたので、とうとうお茶を飲みました。その日は出ないまま翌日に。お腹がグルグルしてきて、便意を感じ始めました。なんだか出そうになってきました。
出したいのに、出そうなのに、入口の硬いものが封をしていて出ないのです。そこまで来ているのに、どうにもじれったく、お尻も痛くなってきてパニック状態です。それでも出ないんです。
3時間ほど、トイレを出たり入ったりを繰り返し、お尻は更に痛くなり、まさに難産でした。ようやく、開通です。でも、本当の困難はここからでした。私は下痢をし続け、すっかり脱水症状になってしまいました。全てを出しつくした頃には気力も体力もなくなっていました。
この教訓から、風邪薬を飲む時にはお茶を飲むようにしています。効きすぎると困るので、お茶は薄めています。すると、便秘になることも避けられ、大変なことにならずに済んでいます。
便秘薬やお茶は、飲むタイミングが大事です。便秘がひどくなってから飲んでも遅いのです。

 

2歳 便秘