効くお茶は飲むタイミングが大事だと思った

普段あまり便秘をしない私ですが、風邪薬や咳止めの薬などを服用すると便秘になります。前回は3か月前のことでした。風邪気味の状態が続いていて体調が悪く、3日ほど風邪薬を服用しながら仕事をしていました。薬を飲み始めた翌日からお通じがなくなり、そのまま2日が過ぎ、さすがにお腹が張り出しので、便秘に効くお茶を飲まなければと思いました。
頑固な便秘に悩まされている方には申し訳ない話ですが、私は普段お通じがあるだけに1日でも出ないと気になるし、ましてや3日間出ないという状態は大変なのです。だから、必要以上に大騒ぎして、一刻も早くこの溜まっているものを排出しなければという思いにかられます。
トイレに行っても出る気配すらなく焦っています。私は飲もうとしているお茶は自分にはとてもよく効きます。というか、効きすぎます。出口の固まりが出ると後ははっきり言って下痢状態。たぶん腸の中に残留物がなくなるまで出てくるので、翌日にも少し影響します。

効くのはわかっているけれど、仕事や家事ができなくなるので、できれば避けたいと思っていました。
それでももう限界、お腹も苦しくなってきたので、とうとうお茶を飲みました。その日は出ないまま翌日に。お腹がグルグルしてきて、便意を感じ始めました。なんだか出そうになってきました。
出したいのに、出そうなのに、入口の硬いものが封をしていて出ないのです。そこまで来ているのに、どうにもじれったく、お尻も痛くなってきてパニック状態です。それでも出ないんです。
3時間ほど、トイレを出たり入ったりを繰り返し、お尻は更に痛くなり、まさに難産でした。ようやく、開通です。でも、本当の困難はここからでした。私は下痢をし続け、すっかり脱水症状になってしまいました。全てを出しつくした頃には気力も体力もなくなっていました。
この教訓から、風邪薬を飲む時にはお茶を飲むようにしています。効きすぎると困るので、お茶は薄めています。すると、便秘になることも避けられ、大変なことにならずに済んでいます。
便秘薬やお茶は、飲むタイミングが大事です。便秘がひどくなってから飲んでも遅いのです。

 

2歳 便秘

悩ませられている私の便秘体験談

私は、かなりの間便秘で悩んでいます。現在20代ですが、子供の頃から毎日便が出ず、お腹を壊すことが多く、授業中にお腹が痛くなることがほとんどだったので当時は本当に大変でした。調子がいい時もありましたが、基本的に1週間近く出ないのが当たり前でした。

ほとんど硬い便しか出ず、時には出なさ過ぎて下痢になってしまうこともありました。便秘ゆえに、いつお腹が痛くなるかがわからなかったので、以前は電車の中でお腹が痛くなったこともあり、途中で電車を降りてトイレに行っていました。電車に乗る前は飲み物や食べ物を控えるようになりました。便秘になって困るのは、それだけではありませんでした。

女性の方ならみなさん分かると思いますが、外に排出されないということは体の中に溜まり、セルライトになって、むくんでしまうと言うことです。足や腕、顔にも出てしまいます。せっかくオシャレをしても、足腕などが太くて洋服が入らないことや夏は足を出して外を歩くのが恥ずかしいということもあります。

家族からは、最近太った?と聞かれることが多かったので、凄くショックでした。さすがにこれはまずいとおもって、ヤクルトや雑誌で見つけた青汁、飲むヨーグルトなどを飲んだりして、やっと出る感じにはなってきましたが、残念ながら便秘はまだ続いています。

最近では、水を飲む量を増やした方がいいという意見を知り合いの方からいただいて、飲む量を増やしています。

それから、少なからずは、改善の方向に向かっている感じはしています。しかし、まだまだ出ないこともあるので、便秘が改善される方法を知っている方に教えていただきたいくらいです。いつかは、便秘に悩ませられないくらいにしたいと思っています。

2歳 便秘